*

映画【ウルフ・オブ・ウォールストリート】見どころ/あらすじ/ネタバレ/感想~酒、女、ドラッグ!何でもあり!~

公開日: : 最終更新日:2017/02/02 イチオシ, ヒューマンドラマ, 洋画

見どころ

監督は、「ヒューゴの不思議な発明」などのマーティン・スコセッシ。主演は「タイタニック」「インセプション」でも主演を務める、レオナルド・ディカプリオ(=ジョーダン)。そして、マーゴット・ロビー(=ナオミ)です。2013年の映画。

大金持ちになるとこんないい思いができるんだぜ!ていうのを思い知らせてくれる映画です。酒、女、ドラッグ、すべての快楽を思う存分味わう男、「ジョーダン・ベルフォート」実在する人物をモデルにした、言わば伝記のような映画です。

本編中に、ペニー株やら株式公開やらマネー洗浄やら、専門用語が沢山出てきますが、正直分からなくてもド派手な映画の雰囲気だけでも楽しめます(笑)そりゃあ専門用語が分かったほうが楽しいですけど、そんなのは二の次で大丈夫です!
以下映画内容です。

スポンサーリンク

ジョーダン下積み時代

『会食するジョーダンと上司ハンナ』

ジョーダン・ベルフォート、22歳。新婚ほやほやのジョーダンは、金融の街”ウォール街”の大手証券会社で働き始めます。ブローカーの資格を取るまで、ひたすら電話営業しまくるジョーダン。そこで「ハンナ」という上司に出会います。

ハンナは仕事は抜群にできるも、なかなかぶっ飛んだ上司です。ドラッグをジョーダンに進めたり、「もっとマスを掻け。最低でも1日2回!」などと言ったり(笑)そんな上司から、ジョーダンは「株屋とは何か」を教わっていくのです。

そして遂に、ジョーダンはブローカーの資格を取り、株の売買ができるようになります。その日「1987年10月19日」そう、世界的株価大暴落、通称ブラックマンデーの日でした。ジョーダンが働く会社も例外なく大打撃を受け、倒産することになるのです。

ペニー株を売りましょう

『巧みな話術でペニー株を売るジョーダン』

ジョーダンは新しく職を探す中、それほど大きくない株の仲介業者で働き始めます。そこで取り扱っていたのは、1株1ドルもしないペニー株でした。要は、これ先上昇見込みのない紙くず同然の「捨て株」です。

優良株の仲介手数料が1%に対して、ペニー株は仲介手数料が50%。その恐ろしく高い利益率で会社は成り立っていたのです。ジョーダンは、早速ペニー株の売り込みを開始します。

ジョーダンはお得意の話術で、ペニー株をまるでペニー株かじゃないように見込み客に営業します。その結果、初めての営業で2000ドル(約20万円)の利益をたたき出すのです。その後も巧みな話術で、ジョーダンはめきめきとお金を稼いでいきます。

金持ちへの道のり

『ドニーとクスリを楽しむジョーダン』

ジョーダンが月収何百万と稼ぐようになった頃、1人の男と出会います。男は「ド二ー」と名乗り、突然元の仕事を辞め、ジョーダンの部下へとなります。ド二ーはなかなかヤバいやつで、ジョーダンは親交を深めていく中、ド二ーに勧められ「ドラッグ」にハマっていくのです。完全に悪友ですね。

金に飢えているジョーダンは、更に金持ちになるべくド二ーと共に会社を立ちあげます。事業内容はもちろんペニー株の売り付け。そして、友人知人を営業マンとして雇います。基本的には元クスリの売人ばかりですが笑、頭数は揃え、ジョーダンは経営の一歩を踏み出すのです。

ストラットン・オークモント社!

『乱痴気騒ぎをするストラットン・オークモント社』

ジョーダン26歳。ジョーダンは顧客を一般層から富裕層に移すべく、社名を一新します。「ストラットン・オークモント社」そして、金持ち相手でも物怖じしないよう、学のない社員のためにビジネススキルを叩き込んでいきます。

そんなこんなでストラットン・オークモント社は、あれよあれよと大企業になっていきます。場所もウォール街へ移し、社内で乱痴気騒ぎが許されるような会社へと成長します(笑)女性のバリカン剃り、ストリッパー乱入、何でもござれ。

金があれば何でもできる!

『絶世の美女、ナオミ』

このころになると、ジョーダンは恐いものなしです。お金を好き放題使い続け、売春行為を繰り返し、普通のドラッグでは物足りなくなり、クエイルード、通称「ルード」と呼ばれる一際ヤバいクスリに手を出したりと。

そしてパーティーで知り合った絶世の美女「ナオミ」と出会い、ナオミと浮気行為を何度も繰り返します。遂には妻と離婚。ジョーダンは身も心も虜にされているナオミと再婚するのです。余談ですが、独身最後の日、ジョーダンは乱交パーティーを開き、とてつもないほどヤリまくります(笑)

その後も、合法違法問わずお金を稼いで稼いで稼ぎまくるジョーダン。ナオミのために”ナオミ号”と名付けた豪華クルーザーを購入したりと、何でもありです。お金のお陰で全てを手に入れたといっても過言ではないジョーダン。

スポンサーリンク

不穏な空気…?※ネタバレあり

『ジョーダンを誘惑するナオミ』

時は経ち…ジョーダンはナオミとの間に子供を授かります。けれど、一向に女癖とドラッグは直らないジョーダン。そのことでよくナオミと衝突するようになります。

仕事は相変わらず順調で、ジョーダンは違法な手口で「スティーブ・マデン」の株を上場させ…要は株価操作をします。そして、オークモント社へ莫大な利益を生み出すのです。

ペニー株の売りつけ、株価操作。ジョーダンが全うでない手法で荒稼ぎしていると、遂にFBIが動き出します。ジョーダンはFBIと接触し、ひたすら無実を主張しますが一向に疑いが晴れません。そりゃそうですよね、実際違法なことしてるんですから(笑)

対策をとるも…※ネタバレあり

『引退演説をするジョーダン』

ジョーダンはFBIからお金を押収される危険性、自分にもしもの時があった時用にと対策を打ちます。コネを使い、総額2千万ドル(約20億円)をスイスの銀行へ預けるのです。名義も信頼できる親戚の名前を借り、ヘソクリとして準備万端です。

しかしそれでも、日に日にFBIからの監視が強くなっていくジョーダン。そんな時、ジョーダンの相談役から言われます。「ここらへんが潮時だ。今なら罰金200万ドルほどで済む。」しかし、そうなるとジョーダンは罪を認めたことになります。そして、自分が立ち上げた会社にも居られなくなります。

ジョーダンは背に腹は代えられないと、引退を決意します。しかし、会社で引退演説をしているうちに段々と熱がこもってくるジョーダン。最終的には「FBIがなんだ!クソ喰らえ!」と引退を取り止め、FBIと真っ向から勝負することを決意します。正に、ウォール街の狼!

栄華を極めた男の成れの果て※ネタバレあり

『セミナーに登壇するジョーダン』

その後もジョーダンの前に困難が立ちはだかるも、逞しく乗り越えていくジョーダン。しかし、突如としてFBIから逮捕状を突き付けられます。スイスの銀行がジョーダンを売ったのです。裁判で驚くほど沢山の罪状が出てくるジョーダン。

FBIはジョーダンに取引を持ちかけます。「我々に協力すれば罪は軽くなる。」自分の仲間を売れというのです。刑期が20年から4年になるということで、ジョーダンはFBIの取引に応じます。ジョーダンが共謀者リストをFBIに提出したことで、ストラットン・オークモント社の重役達が次々と検挙されていきます。

かつて栄華を極めた男の成れの果ては、「仲間への裏切り」でした。4年の刑期を終え、ジョーダンはあるセミナーに登壇者として現れます。そこで、1人1人に聞いてまわるのです。「このペンを僕に売り込んで。」

まとめ

とにかくド派手で、「こんな人生送りたい!」て思うような、思わせるような映画でしたね!そして、この映画からは、

・物を売るには必要性(需要と供給)を作ること
・リーダーは常に皆の目標であり続けること
・部下に慕われるには、部下を信頼すること
・悔しいけど、お金があればほとんどの悩みが解決できるということ

なんかを学べたかなあと思いました。女癖も悪いし、薬物依存症のジョーダンですが、やっぱりビジネススキルは抜群でしたね!

こんな時に観てほしい!

・今日は映画観てやるぜ!て時(上映時間3時間)
・派手な映画が好きな方
・将来大金持ちになりたい方笑

こんな時は別の映画を!

・家族、子供と一緒に見る時(結構な頻度で女性の裸体が出てくる。気まずい)
・さくっと映画を観たい時(上映時間3時間と濃ゆい)
・女性の方(どちらかと言えば男性向けに作られた映画なのかなあと思いました)

感想

いやー、大満足でした!やっぱり一番印象に残ったのは、序盤の「このペン売って」のシーンですね。「そうか!その手があったか!」と目から鱗でした(笑)正に需要と供給。

それと流石18禁なだけあって、そういう描写が多い!これ絶対お母さんお父さんと一緒に観た時、気まずくなるやつやー。て思いました。それから証券会社の思惑っていうものが、少なからず見えた気がします(笑)上司ハンナの演説より。

まあとにかく!ボリューム満点な作品でしたね!実際にこんな生活送っている人がいるのかと思うと、羨ましくて仕方ありません(笑)男性の方は一度は必ず観たほうがいいですよ!!

スポンサーリンク

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 予告編

《amazon》ウルフ・オブ・ウォールストリート商品を見る

関連記事

映画【不機嫌なママにメルシィ!】見どころ/あらすじ/感想~上級者向けの映画です~

見どころ 監督・脚本・主演なんと全てギョーム・ガリエンヌ(=ギョーム、母)です。フランス俳

記事を読む

【ベルの評判最悪!?】2017実写版映画「美女と野獣」口コミ/感想

こんにちは。rokufuです(^^) 今回は 只今絶賛放映中の「美女と野獣」についてレビ

記事を読む

映画【SEXテープ】見どころ/あらすじ/感想~やっちまった夫婦の行く末~

見どころ 監督は代表作「バット・ティーチャー」のジェイク・カスダン。主演は「メリーに首った

記事を読む

映画【ファンキーランド】見どころ/あらすじ/感想~天才ピアニストの悩み~

見どころ 監督は、フィリップ・ドーリング。主演は、「ゾンビランド」「ソーシャル・ネットワー

記事を読む

映画【bella ベラ】見どころ/あらすじ/感想~ゲスいぬいぐるみ、女バージョン!~

見どころ 監督はジョッシュ・ブロエッカー。主演はローラ・ベルリン(=ヤナ)。そして、トム・

記事を読む

映画【スパイダーウィックの謎】見どころ/あらすじ/感想~万人受けファンタジー!~

見どころ 監督は、マーク・ウォーターズ。主演は、「チャーリーとチョコレート工場」のフレディ

記事を読む

映画【マイ・インターン】見どころ/あらすじ/ネタバレ/感想~パッケージ詐欺注意~

見どころ 監督は「ホリディ」「恋愛適齢期」が代表作のナンシー・マイヤーズ。主演は「プラダを着た

記事を読む

映画【ナッティ・プロフェッサー~クランプ教授の場合~】見どころ/あらすじ/感想~エディ・マーフィ1人7役!~

《見どころ》 監督は、「エース・ベンチュラ」のトム・シャドヤック。主演は、エディ・

記事を読む

映画【アダムスファミリー】見どころ/あらすじ/感想~不気味なホラー一家?~

見どころ 監督は、バリー・ソネンフェルド。主演は、ラウル・ジュリア(=ゴメズ)。そして、ア

記事を読む

映画【ワールズエンド~酔っぱらいが世界を救う!~】見どころ/あらすじ/感想~否、世界が滅ぶ!?~

見どころ 監督は代表作「ショーン・オブ・ザ・デッド」のエドガー・ライト。主演は同じく「ショ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【期待はずれ?】2017映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」口コミ/感想

rokufuです(^^) 2017年5月12日より、 いよ

【ベルの評判最悪!?】2017実写版映画「美女と野獣」口コミ/感想

こんにちは。rokufuです(^^) 今回は 只今絶賛放映

映画【アダムスファミリー】見どころ/あらすじ/感想~不気味なホラー一家?~

見どころ 監督は、バリー・ソネンフェルド。主演は、ラウル・ジ

映画【くもりときどきミートボール】見どころ/あらすじ/感想~空からハンバーガーが!~

見どころ 監督は、フィル・ロードとクリストファー・ミラー。著

映画【HYDRA ヒドラ】見どころ/あらすじ/感想~笑っちゃうくらいヒドラ~

見どころ 監督は、アンドリュー・プレンダーガスト。主演は、ジ

→もっと見る

PAGE TOP ↑