*

映画【マイ・インターン】見どころ/あらすじ/ネタバレ/感想~パッケージ詐欺注意~

12093628_700068166761784_291725282_n

見どころ

監督は「ホリディ」「恋愛適齢期」が代表作のナンシー・マイヤーズ。主演は「プラダを着た悪魔」出演のアン・ハサウェイ(=ジュールズ)。そして「ゴッドファーザーPARTⅡ」主演”生きる伝説”ロバート・デ・ニーロ(=ベン)です。結論からいうと、とても面白かったです。決してパッケージには騙されないように(笑)

なんと言ってもベンの人格が素晴らしいの一言です。映画の題名どおりベンがインターンとして入社するわけですが、誰に対しても態度を変えず公平。そして彼の発言、行動にいちいち「はぁー」と感心させられます。もはや映画タイトルを「マイ・インターン」→「ベン」に変えたほうがいいんじゃないかってくらいベンを見るための映画と言っても過言ではないですね(笑)

とくに派手さはないし、盛り上がり要素もないのですが不思議とずっと見ていられます。老若男女問わず見てほしい映画です。 以下映画内容になります。

スポンサーリンク

どうしてインターンに?

『インターンの募集チラシを発見するベン』

物語の主人公の一人であるベンは70歳です。仕事は定年退職し、悠々自適な暮らしをしていました。しかし妻が他界、それ以降は家へ帰っても誰も迎えてくれる人がおらず、虚しさが残る生活を送っていました。子供家族はいますが遠いところに住んでいるみたいですね。

しかし、ここで腐らないのがベンです。現状を打破するためには、とにかく動き続けること。ベンは用事がなくても外出することを心がけます。そしてある貼り紙を発見します。”高齢者の見習い社員(インターン)募集”ベンは自分の空虚感を埋めるにはこれしかないと思い、インターンの応募をすることを決意します。

舞台はファッションサイト会社

『ジュールズが経営する会社』

もう一人の主人公、ジュールズはベンがインターンとして応募した会社の経営者です。彼女は、とにかくこの仕事が大好きで、自分の体力と時間を会社に注ぎ込んでいるってイメージですね。なんたって勉強になるといって自らお客様サポートセンターの電話番をするくらいですから(笑)

一方ベンはというと、見事にインターンとして採用されます。会社側の新たな試みと、ベンのしっかりした志望動機、今までの経歴(電話帳の会社に40年)が評価されたのです。そうして、ベンはこの会社で働くことになります。

2人が出会う

『ベンと話すジュールズ』

ベンは長年着ていたであろうスーツをびしっと着こみ、出勤します。デスクを与えられ、私物を広げるわけですがそこでのベンの出すものがとても渋いのです。隣の席の若者インターン枠で入ってきたデイビスは、スマホ、イヤホン、USBメモリを広げるに対し、ベンはボールペン、ガラケー、電卓、卓上アナログ時計。ベンがどんな人なのかわかりますよね。このシーンが個人的にとても好きです!

話が脱線しましたが、ベンの配属先が決まります。それは、ジュールズ直属の部下です。これからの方針を決めるためベンはジュールズのもとへ行きます。ジュールズから言われたことは「仕事を頼むときはメールする」ベンはここから、彼女からのメールをオフィスでひたすら待つことを強いられます。

そこから待てども待てどもメールは来ません。ただ、このままで終わらないのがベンです。「行動あるのみ」仕事がなければ見つければいい。ベンは自ら仕事を探します。社員へ配りものをするお姉さんを手伝ったり、インターン仲間のデイビス君のサポートしたり、はたまた恋愛相談にのったりと。そんな調子で社内で彼の人気はどんどんと上がっていきます。もちろんそれはジュールズの耳にも入ってきます。

一歩前進

『ベンにお礼を言うジュールズ』

そんなある日、ジュールズの運転ドライバーが体調不良で、誰も変わりがいないということでベンが運転手となります。詳しくは実際に見てほしいのですが、ベンが自ら掴んだ仕事だと思います。行先はCEO候補のところだと。日本ではあまりなじみないかもしれませんが、CEOというのはわかりやすくいうと自分の代わりに会社を経営してくれる代理経営者って感じです。

実はジュールズは前々からCEOを雇わないかと言われているのです。彼女の本心は、この仕事が大好きで誇りを持っています、SEOなんて絶対に雇いたくありません。けれどこの活動をしているのは、ここ数年で急激に大きくなった会社にあっぷあっぷなっている社員、はたまた自分。そして大事な家族(夫、娘)との時間が取れない。そういったジレンマもありこの活動を続けているのです。

ベンは観察力も強いのでこういった背景は何となく察しています。この日もジュールズは候補の人をお気に召さなかったらしく早々と切り上げます。道中ベンのナイスサポートや気遣いもあり、帰り際ジュールズから感謝の言葉をもらいます。そしてこの日は終わり。ベンは言います。「一歩前進。」

飛躍

『インターン仲間デイビスと話すベン』

これがきっかけの一つになり、ベンはジュールズの運転ドライバーを兼任します。朝はジュールズと娘のペイジを乗せて出勤、昼は仲間の相談やサポート、夜は上司のジュールズが帰るまでは絶対に帰らない。ジュールズはそんなベンを見ているうち、話しているうちにどんどんと彼に惹かれていきます。

ベンも一生懸命な彼女をサポートしたいと思っていきます。そして、あれよあれよとベンはなんと会社の補佐(部長みたいな感じ)にまで上り詰めます。いつの間にか会社にとって、ジュールズにとって必要不可欠な存在になっていくのです。

スポンサーリンク

問題発生※ネタバレあり

『ベン、ジュールズ一家にお邪魔する』

ジュールズとの距離はどんどんと縮まり、ベンは朝の迎えの時にジュールズの家へお邪魔するようになります。必然的にジュールズの夫、娘とも仲良くなっていきます。因みに夫のマットは専業主夫です。そんなある日、娘のペイジが友達の誕生日パーティーにお呼ばれされます。

普段ならマットが連れていくのですが、この日は体調が悪いらしく、ジュールズやマット、ペイジのお願いもあってベンが連れていくことになりました。ここまで来るともはやインターンとは何なのかと思いますが(笑)誕生日パーティーを済ませ、車を走らせ帰っているとベンは見てはいけないものを見てしまいます。

体調が悪いはずのマットが家のドアから出てきます。するとマットは、家の前に止めてある車へ乗り込んでいきます。車の中には見知らぬ女性。マットはその女性と熱いキスを交わした後、車で走り去っていきました。浮気をしていたのです。ジュールズのことを思うとさすがのベンも言葉を失います…。

サンフランシスコ出張※ネタバレあり

『ベンに相談するジュールズ』

ジュールズとベンはCEO候補に会うためサンフランシスコに出張します。意外と繊細なベンは彼女に言うべきか言わないべきか、気を遣い目も合わせられません。そんな出張中の夜、ベンはジュールズからある相談をされます。

「マットが浮気をしている。」彼女は気づいていました。悪いのはマット、けどこれは一時の気の迷いで彼は必ず私のもとへ帰ってくると信じている。今回のCEOの話も夫婦の仲を取り戻すのが一番の理由だと。ベンは沈黙を破り、答えます。「君らしく仕事を続けるべきだ。夫の浮気がバチだなんて思わずに。」

翌日ジュールズは、出張先のCEO候補との商談をします。今までの候補とは群を抜いて感触が良かったらしく、この人になら自分の大好きな仕事、そして会社を任せられる。ついに彼女はCEOを雇うことを決めます。ジュールズは出張から帰り、マットにもこのことを伝えます。

マットはこのとき初めて、ジュールズが会社のためよりも夫婦のためにCEOを雇ったということを知ります。ジュールズはこれでようやく肩の荷がおり、すっきりします。のはずですが、その夜、彼女の目からはなぜか涙が止まりません…。ここは実際に見てほしいです。何かぐっとくるものがあります。

大切なもの※ネタバレあり

『得意げに話すベン』

翌朝ジュールズは初めてベンの家を訪れます。これから会社へ行き、先方へ電話すると伝えます。ここでベンは「君ほど会社に情熱と愛情を注いでいる人は他にはいない。どれだけ経験豊富な人が来ても、君には敵わない。夫の浮気なんかで夢を諦めるな。君が築いたものを他の誰かに譲ってほしくない。」最後にベンは「これが聞きたくて来たんだろ?」と。どこまでもお見通しなベンです(笑)

ジュールズは会社へ向かい、電話をしようとします。すると突然目の前にマットが現れ、「僕のためならやめてくれ。君の心に従うべきだ。」そしてマットは、浮気をしていたことも告白します。「君が僕のためにすべてを捨てるのは、絶対に止めたい。愛している。もし許してくれるならやり直したい。」ジュールズは夫の愛を取り戻すのです。

『抱き合うジュールズ』

そしてジュールズは、今ある自分達の力だけでこれからもやっていくこと、CEOを断ったこと、夫婦の愛を取り戻したことを彼に報告しに行きます。”インターン”であり”友人”でもあるベンのところへ。

まとめ・感想

見終わったあと気持ちがポジティブになります!そして、この映画で学んだことは、

・動くこと
・何歳になってもチャレンジ精神を忘れないこと
・信用信頼を得るには、まずは与えること

すべて、ベンがやっていたことです。そういうことを教えてくれる、また、気持ちをポジティブにさせてくれる、そんな映画かなあと思います。

こんな時に見てほしい

・物事がうまいこといっておらず、ポジティブな気分になりたいとき
・一人でゆっくり映画を見たいとき

こんな時は別の映画を!

・ど派手な映画が大好きで、「ミッションインポッシブル」みたいな映画を求めているとき
・子供と一緒に映画を見るとき(お子様向けではない)

最後に、実は作中で、ベンはガールフレンドをゲットしています。抜け目ない男ですよ(笑)あと、他人の家に不法侵入したり、、真面目そうに見えて結構ぶっ飛んでます(笑)ここらへんは実際に映画をご覧ください!そして、そんなお茶目なところもあるベン!大好きだ!!

スポンサーリンク

映画『マイ・インターン』予告編(120秒)【HD】2015年10月10日公開

《amazon》マイ・インターン商品を見る

関連記事

映画【アダムスファミリー】見どころ/あらすじ/感想~不気味なホラー一家?~

見どころ 監督は、バリー・ソネンフェルド。主演は、ラウル・ジュリア(=ゴメズ)。そして、ア

記事を読む

映画【SEXテープ】見どころ/あらすじ/感想~やっちまった夫婦の行く末~

見どころ 監督は代表作「バット・ティーチャー」のジェイク・カスダン。主演は「メリーに首った

記事を読む

映画【TAXI】見どころ/あらすじ/感想~ダニエルは有能~

見どころ 監督は、ジェラール・ピレス。主演は「レオン」にも出演している、サミー・ナセリ(=ダニ

記事を読む

映画【bella ベラ】見どころ/あらすじ/感想~ゲスいぬいぐるみ、女バージョン!~

見どころ 監督はジョッシュ・ブロエッカー。主演はローラ・ベルリン(=ヤナ)。そして、トム・

記事を読む

映画【ナッティ・プロフェッサー~クランプ教授の場合~】見どころ/あらすじ/感想~エディ・マーフィ1人7役!~

《見どころ》 監督は、「エース・ベンチュラ」のトム・シャドヤック。主演は、エディ・

記事を読む

映画【her~世界にひとつの彼女~】見どころ/あらすじ/感想~人口知能に恋をする~

見どころ 監督は「マルコヴィッチの穴」なども手掛けているスパイク・ジョーンズ。主演はホ

記事を読む

映画【ファンキーランド】見どころ/あらすじ/感想~天才ピアニストの悩み~

見どころ 監督は、フィリップ・ドーリング。主演は、「ゾンビランド」「ソーシャル・ネットワー

記事を読む

映画【マルコヴィッチの穴】見どころ/あらすじ/感想~なんじゃこの映画~

見どころ 監督は、スパイク・ジョーンズ。主演は、ジョン・キューザック(=クレイグ)。そして、「

記事を読む

映画【TOYS トイズ】見どころ/あらすじ/感想~シュールな笑い盛りだくさん!~

見どころ 監督は、代表作「レインマン」のバリー・レヴィンソン。主演は、「フック」などのロビン・

記事を読む

映画【ロック・ザ・カスバ!】見どころ/あらすじ/感想~感動の歌声!?~

見どころ 監督は、「レインマン」「TOYS トイズ」のバリー・レヴィンソン。主演は「ゴース

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【期待はずれ?】2017映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」口コミ/感想

rokufuです(^^) 2017年5月12日より、 いよ

【ベルの評判最悪!?】2017実写版映画「美女と野獣」口コミ/感想

こんにちは。rokufuです(^^) 今回は 只今絶賛放映

映画【アダムスファミリー】見どころ/あらすじ/感想~不気味なホラー一家?~

見どころ 監督は、バリー・ソネンフェルド。主演は、ラウル・ジ

映画【くもりときどきミートボール】見どころ/あらすじ/感想~空からハンバーガーが!~

見どころ 監督は、フィル・ロードとクリストファー・ミラー。著

映画【HYDRA ヒドラ】見どころ/あらすじ/感想~笑っちゃうくらいヒドラ~

見どころ 監督は、アンドリュー・プレンダーガスト。主演は、ジ

→もっと見る

PAGE TOP ↑