*

【ベルの評判最悪!?】2017実写版映画「美女と野獣」口コミ/感想

公開日: : ラブロマンス, 洋画

こんにちは。rokufuです(^^)

今回は

只今絶賛放映中の「美女と野獣」についてレビューしていきたいと思います。

アニメ版はとても評判が良く、実写版ってどうなのよ。て感じですよね。

この手の実写版ってよく失敗するじゃないですか(笑)

実際に見ていきましょう!

スポンサーリンク

監督 ビル・コンドン

脚本 スティーヴン・チョボスキー、エヴァン・スピリオトポウロス

製作 デヴィッド・ホバーマン、トッド・リーバーマン

製作総指揮 ジェフリー・シルヴァー、トーマス・シューマカー、ドン・ハーン

出演者
エマ・ワトソン(=ベル)
ダン・スティーヴンス(=ビースト)
ルーク・エヴァンズ(=ガストン)
ケヴィン・クライン(=モーリス)
ジョシュ・ギャッド(=ル・フウ)
ユアン・マクレガー(=ルミエール)
スタンリー・トゥッチ(=マエストロ・カデンツァ)
オードラ・マクドナルド(=マダム・ド・ガルドローブ)
ググ・バサ=ロー(=プリュメット)
イアン・マッケラン(=コグスワース)
エマ・トンプソン(=ポット夫人)

音楽 アラン・メンケン

主題歌
アリアナ・グランデ
ジョン・レジェンド
『ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣』

撮影 トビアス・シュリッスラー

編集 ヴァージニア・カッツ

製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ

公開
2017年3月17日(アメリカ)
2017年4月21日(日本)

上映時間 129分

製作国 アメリカ合衆国

言語 英語

製作費 $160,000,000

あらすじ

森の奥にある城に、若く美しいがとても我儘で傲慢な王子が住んでいた。
ある日の夜、醜い老女が城を訪ね、一輪のバラをあげるかわりに城に一晩泊めてほしいと頼む。
しかし王子は老女の醜さを理由にそれを断る。老女は「見かけで人を判断するのは良くない」と忠告するが、王子は聞く耳を持たず再び追い返そうとした。
するとその瞬間に老女は美しい魔女に変わり、優しい心を持たず人を見た目で判断する王子と、王子をそのように育てた召使いたち、さらにその城全体に魔法をかけてしまう。
そして王子は恐ろしい野獣の姿に、召使いたちは家財道具の姿になってしまった。
魔女はどんな物をも映し出す魔法の鏡、そして初めに見せた一輪のバラの花を置き消えていった。
そのバラの花びらが全部散るまでに、王子が人を愛し人に愛されるという「真実の愛」を見つけなければ、王子たちにかけられた魔法が解けることはない。

出典:Wikipedia

スポンサーリンク

感想

ディズニー映画で一番「美女と野獣」が好きな身としましては、

見事なくらい、期待を裏切らない良作品でしたね!

まず、

ベルことエマ・ワトソンがめっちゃ綺麗!

この映画を観て、一瞬で理想の女性は「ベル」になりました。笑

どこがいいって、まあ綺麗なのはもちろんとして、

ぶれない芯の強さを持ってますよね。

異形の野獣を相手に、臆することなくはっきりと自分の意見を言う。

さらに、父親の変わりに自分が犠牲になり、城に残るという

自己犠牲を持ち合わせた優しさも持っています。

いいわー。ベル良いわー。

これ以上書くと「どんだけベル好きなんだ!」と言われそうなので

割愛します(笑)

肝心の内容のほうはというと

大まかなストーリーは、アニメ版とそんなに変わらないって感じでした。

ディズニー特有のミュージカル要素もありましたし。

ちなみにアニメ版にあったミュージカルの歌は全て盛り込まれてました!

演出もど派手で観ていて楽しかったです。

追加要素としては、

アニメ版にはない「魔法の本」が出て来ました。

その本に触れると、行きたい場所へ行ける。みたいな。

ベルは自身の母の行方を調べるために使ってましたね。

まったく見たこともないシーンだったので新鮮でした(^^)

まあただ…正直このシーンいるのか。と思ったのはここだけのお話(笑)

あとはアニメ版と違うところでいうと、

ガストの相方「フウ」がちょっといいやつになってました(笑)

アニメ版ではガストの金魚のフンみたいな感じでしたが笑、

実写版では自我を持っていましたね。

それと一番感動したシーン!

こちらは、個人的にはやはり

ビーストとベルが着飾って広い踊り場で2人踊るシーンですね!

演出も相まっていい年して映画館で涙ぐんでしまいました。笑

ざっとこんな感じですが、

ディズニーが好きで「美女と野獣」が大好きなら

是非観てほしい作品だと思いました(^^)

では、

世の中の評価はどうなのか。

実際に口コミのほうも見ていきましょう!

良い口コミ

・ルミエールやコグスワース、ポット夫人が想像以上にリアルで笑いましたが観る価値かなり有りの良作でした。

・エマ・ワトソンのベルはとっても良かったです。音楽も映像もホントに満足できる作品でした。

・美女と野獣が恋に落ちていく様子、城の愉快な道具達、劇中歌、世界観に魅了されました!!

悪い口コミ

・正直、少し無理矢理さを感じる場面もあった。だけど、映画の世界に没入してしまえば気にならなかった。

・ミュージカルの部分の歌詞が退屈だったが、終わりにつれて見ごたえがでてきた。

総評

口コミを調べていくうちに、多かったのは

「エマ・ワトソンのベルが素晴らしい!」でした。

うむうむ。私の眼は間違っていなかった(・ω・)ノ

あとは「良かった」「良作」などの声も、圧倒的に多かったですね。

そして、観るのであれば

やはりカップルで観るのが一番おススメです。

が、

一人で観たっていいんです!(私は一人で観に行きました)

家族で観たって、友達と観たって

面白さは変わりません!

「美女と野獣」

なかなか見ごたえのある

一見の価値ある作品でした(^^)

これで2017年GWの予定は決まりましたね!笑

スポンサーリンク

関連記事

映画【ナッティ・プロフェッサー~クランプ教授の場合~】見どころ/あらすじ/感想~エディ・マーフィ1人7役!~

《見どころ》 監督は、「エース・ベンチュラ」のトム・シャドヤック。主演は、エディ・

記事を読む

映画【HYDRA ヒドラ】見どころ/あらすじ/感想~笑っちゃうくらいヒドラ~

見どころ 監督は、アンドリュー・プレンダーガスト。主演は、ジョージ・スタルツ(=ノーラン)

記事を読む

【期待はずれ?】2017映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」口コミ/感想

rokufuです(^^) 2017年5月12日より、 いよいよ 「ガーディアンズ・

記事を読む

映画【ディック&ジェーン 復讐は最高!】見どころ/あらすじ/感想~強盗家族の行く末~

見どころ 監督は、ディーン・パリソット。主演は「マスク」「ブルース・オールマイティー」でお馴染

記事を読む

映画【ライアーライアー】見どころ/あらすじ/感想~絶対に嘘がつけない!~

見どころ 監督は、代表作「エース・ベンチュラ」 「ナッティプロフェッサー」のトム・シャドヤック

記事を読む

映画【不機嫌なママにメルシィ!】見どころ/あらすじ/感想~上級者向けの映画です~

見どころ 監督・脚本・主演なんと全てギョーム・ガリエンヌ(=ギョーム、母)です。フランス俳

記事を読む

映画【ファンキーランド】見どころ/あらすじ/感想~天才ピアニストの悩み~

見どころ 監督は、フィリップ・ドーリング。主演は、「ゾンビランド」「ソーシャル・ネットワー

記事を読む

映画【PAN~ネバーランド、夢のはじまり~】見どころ/あらすじ/感想~ワニってあんなに怖いんですね~

見どころ 監督は、ジョー・ライト。主演は、"期待の新人"リーバイ・ミラー(=ピーター)。そ

記事を読む

映画【SEXテープ】見どころ/あらすじ/感想~やっちまった夫婦の行く末~

見どころ 監督は代表作「バット・ティーチャー」のジェイク・カスダン。主演は「メリーに首った

記事を読む

映画【エターナル・サンシャイン】見どころ/あらすじ/感想~恋人の記憶が消える?~

見どころ 監督は、「ヒューマン・ネイチュア」のミシェル・ゴンドリー。主演は、「マスク」「ブ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【期待はずれ?】2017映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」口コミ/感想

rokufuです(^^) 2017年5月12日より、 いよ

【ベルの評判最悪!?】2017実写版映画「美女と野獣」口コミ/感想

こんにちは。rokufuです(^^) 今回は 只今絶賛放映

映画【アダムスファミリー】見どころ/あらすじ/感想~不気味なホラー一家?~

見どころ 監督は、バリー・ソネンフェルド。主演は、ラウル・ジ

映画【くもりときどきミートボール】見どころ/あらすじ/感想~空からハンバーガーが!~

見どころ 監督は、フィル・ロードとクリストファー・ミラー。著

映画【HYDRA ヒドラ】見どころ/あらすじ/感想~笑っちゃうくらいヒドラ~

見どころ 監督は、アンドリュー・プレンダーガスト。主演は、ジ

→もっと見る

PAGE TOP ↑